東京大田区久が原整体の
院長石山です。 

腰痛に関しては様々な病気があります。他の記事でも書かせてもらいましたが
記事➡腰痛が治らない原因~大田区久が原整体(整骨)

脊柱管狭窄症
ぎっくり腰(急性腰痛症)
慢性腰痛
ヘルニアでの腰痛
腰椎すべり症

他にも、細かく腰痛の分類はありますが、それを説明するより大きく腰痛の原因をわけて書いたほうがわかり易いと思い書いています。

今回は【腰痛の原因②】

特に高齢者に多いのが
【変形性腰椎症】

簡単に言うと、骨の形が変わり痛みが出る腰痛・・・
しかし、背中が曲がっている高齢者、痛みが出ていない人も結構います。

つまり、腰椎などの骨の変形などは腰痛に関係ないことも多いという事です。
若い人も最近は昔と違って運動が不足しがち。。

これから、何十年かすると変形性腰椎症で悩む人が続出すると考えられます。
若い人はそうなる前に当院の【変形予防の体操】をやるようにしてください。
この場合、変形による痛みより骨が変形した場合の【見た目】のほうがショックを受けます。

高齢者の変形による悩みの多くは骨格の変形による腰痛などの痛みではありません。
骨格の変形(猫背やO脚)による見た目の悪さ・・・
これは、なかなか治りませんからね。

年を重ねると変形はおきますが痛みの出ない人は、私の経験上、骨盤にさほどゆがみのない人でした。変形と言ってあきらめず腰痛はじめ様々な体の痛みに関しては【骨盤+背骨】の関節のゆがみが関係してますので是非、あなたもあきらめず骨格の調整をしてみてはいかがでしょうか?

その場合、毎回宣伝してすいませんが(笑)当院の骨盤治療はあなたがどんな状態かを、わかり易く説明し治療をしていきます。
特に痛みを感じることは無いと思います。

治療目安としてはまずは3回~5回くらいを目安に治療を考えてもらえると良いかと思います。
大田区久が原整体~治療費

腰痛の原因②~まとめ

腰痛症にはさまざまなものがあります。

今回は、【変形性腰椎症】腰の骨の変形で痛みが出ることももちろんありますが背中が曲がっても足がO脚になっても腰痛などの痛みの出ない人もいます。

高齢者に腰の骨の変形は多いですが若い人も、今までよりもあまり動かなくなってきたことが原因で今後、腰の骨の変形は年齢的に早くなっていくと予想します。

そうなる前に若い人には当院の変形予防体操などを指導しています。
私の変形性腰痛の18年の治療経験からの印象は、
骨盤+背骨のゆがみの少ない人ほど変形しても痛みが出てませんでした。

「腰の骨の変形が原因だから治らない・・」

とあきらめる方も高齢者には多い印象ですが
まだまだ、あなたの腰痛に骨盤の調整や背骨の調整で対抗することもできるかもしれません。
その場合、当院の骨盤矯正による腰痛の治療に関しては初期治療3~5回を目安に来院してみてはいかがでしょうか?

腰痛が治らない原因①

最後までお読みくださりありがとうございました。
東京都大田区久が原整体の
院長 石山でした。