大田区整体,久が原

治療への思い(苦悩と挫折)

亡き師匠「バカヤロウ!!!お前のためにお前があるんじゃねぇ。これから出会う患者のためにお前があるんだ!!」

あなたの体がツラいとき誰か頼りになる人はいますか?もしあなたが動けなくなったら、あなたの代役は一人もいません。今あなたに必要なのは、辛い体のままで毎日の仕事や家事を頑張り続ける事ではなくあなた本来の元気な体をとりもどすことなのです。

初めまして。いまや重症専門治療家として認められ様々な病院にいっても治らない疾患を専門に扱うようになりました。東京大田区久が原整体院 院長の石山です。

あなたのその痛みはなぜ改善しないのか?
肩がこるからマッサージ
腰が痛いから牽引+ストレッチ
膝が痛いから電気と温め
これでは根本的に何も改善しないばかりか刺激に慣れ鈍感になっていき最終的には強い刺激を与えてもからだの感覚が鈍くなってしまいます。

ではあなたの痛みの原因は一体どこにあるのか?
私たちは骨盤と背骨を中心にあなたの体全体のバランスを見ていきます。実際の現場で治療していく中でも
・骨盤を調整したら肩こりがとれた
・腰のバランスを整えたら足のしびれが無くなった
・背骨を整えると頭痛が消えた

など、当院ではたくさんの改善例があります。

○苦悩の20代

プロゴルファーを目指すも肩を壊し泣く泣く断念。何をしていいのかわからず職を転々。

肩を壊した経験から、体の痛い人の力になれたらいいな思い、
21歳から整体の道に入り、マッサージをとにかく頑張り治療現場では指名数1、2位を位争う実力になり、
「良し、これでなんでも治せるようになってしまうぞ。」
わたしは有頂天でした。
しかし、その時は痛みが取れても長期的に治っている気配がない患者さんばかりでした。
しかも初回よりも、皮膚も筋肉も硬くなっていく患者さんたち

あるとき
「マッサージしてもその時だけだよね~~」
と私の患者が言ったのです。

(なんで治らないんだろう。。あれだけしっかり治療したのに)

「ではもっと長い時間にしましょう」
しかし結果は一緒。。。しかもだんだん状態が悪くなっていく方もおられました。
最後は開けることのない体力勝負。我慢比べのようなマッサージをするようになっていました。

マッサージってもしかして治らないんじゃ?
これだけ治療院が増えているのに腰痛患者さんは過去増加している。。。

そのうち、仕事のやる気も無くなり指名者数も激減。当然、私は【クビ】になりました。

なにか治る治療への突破口をみつけたく職場を変えました。
しかし治らないのにひたすら同じ治療を延々と続ける現場ばかり。

マッサージ電気やハリ、治ってないじゃないか!そんな中で「しょうがないよね~歳重ねればみんな悪くなるんだし~」と周りと一緒になって思えばどれだけ楽だったのか。

しかし悲痛な叫びをあげる患者や私に期待してくれる患者さんが私の心を支えてくれました。
「先生、あたし先生のファンだから頑張って」

そんな人に、回りの先生と同じことは言えなかったのです。
しかし、治らないのではなく悪くなってくる患者さん。

歳だからしょうがないよ~といつもの言葉を同僚の先生が患者さんに行っているのを聞いた瞬間、
ここには居たくない・・と何度も職場を変えました。

どこに行っても同じ、患者さんを治しているのか壊しているのかわからない。途方に暮れてもまだあきらめたくない貯金もそこを突き・・家からの援助ももちろん頼めない。結婚する予定だった彼女にも愛想をつかされ破局・・・全てがどん底だった24歳の冬・・・
それでも私を追いかけ遠いのについてきてくれた患者さんたち。
(もうやめてくれ。。治せないんですよ。。私・・・)
口まで出かかった言葉を何度ものみこみ、苦しい・・・逃げたい・・ただのウソつきじゃないか・・

ある患者さんにだけ、打ち明けました。
私「・・・・・・・・すいません。今の私では、これ以上の改善をさせてあげることはできません。」

患者「・・・私の長年の頭痛は先生の治療で良くなったんです。それに先生「今の私」って言ってくれましたよね。これからの先生を見たいです。」

死んだ母が言ってました。母は美容師68歳という若さでこの世を去りました。見栄も張らずひたすら美容の仕事を勉強し
「終わったあとに、すごく喜んでくれるお客さんの笑顔が見たいから学ぶのよ!^^」
これが、母の言葉・・・  
私や弟に
「嘘を付いてはいけない。正直に生きなさい。嘘をついた分だけ、それは、お前を苦しめ深いつながりを無くしうわべだけの繋がりになる。そしてバレれば誰からも信用されない」 

師「お前のために、お前があるのではない。これから出会う患者のためにお前がある」
  「正しいことをしなさい。せねば、60過ぎたら人生後悔するぞ。」

俺は、嘘をつきたくない
亡き母の意思を・・・
すがる患者の思いを・・・
亡き師匠の心を・・

受け止めていかせるのは、私しかいない
誰がやる、私がやる。出し切れていない!!!ここからだ!!

借金し、全国各地で行われている様々なセミナーに片っ端から出席し始めました。
出てもほとんど何の変化も出ない治療の数々。。いろいろと突っ込んだ質問をしてその治療の真意を教官に聞いても・
・昔からやっている治療だから
・よくなる人がいたから
・偉い○○先生がやっている治療だから

とよくわからない答えの数々、じゃあよくなっていない人はどう説明するんだ??と追いかけても

・お前の腕が悪いんだと言
と最後はイジメやシカト、、、本当に改善させることなんかできないのか・・・

あるとき、、自宅の骨格模型をぼーっと眺めていた時、
あっそうか・・・これか・・・
崩れ気味の骨格模型の上の首の骨がバランスを変えて立っていたのです。
模型の骨盤を緩めてみると背骨が骨盤のゆがみに対してバランスしている。。。

私は、個々の関節のしか見ていなかった。

原因は痛い部分いだけあるわけではない、体全体のバランスを調整した時に個々の関節は機能する。しかも、それらの関節の動きの連動バランスが非常に重要だという事に気づきました。

そこからはすべての治療の見方が変わり徐々に改善。現場で数々の疾患を改善させるなかで
当院の関節連動バランス・・ゆがみ整体が完成しました。
もう大丈夫です。あなたの痛みの原因は必ず見つけ出し、あなたの幸せな未来をとりもどします。

想像してみてください。
長年の腰痛から解放されたあなたは長時間のデスクワークや家事も気持ちよくこなせるでしょう
原因不明の頭痛から解放されたあなたは、仕事や勉強の集中力が上がり、ゆとりができて家族にもさらにやさしくなれるでしょう
膝の痛みから解放されたあなたはスポーツや旅行などの趣味を、さらに楽しめるでしょう。

もしあなたが積極的に改善しようとお考えなら今すぐご予約のお電話をください。
その場で変化を実感できることをお約束します。
で、その頭痛患者さんと私がどうなったのかというと・・・

患者「ねっ。私が言ったとおりでしょ?先生は芯が崩れない人で本質を見失わずどんどん向上してくからついてきたんです。それに最初から重症人をこれだけ改善させられる先生なんていませんよ」

これからも私に期待してくれる患者様のために、小さな光をともしていきたいと思います。
今はなき、母や師匠、その他ついてきてくれている患者さんその思いが私の手の重みです。
もし、あなたが本当はやりたいのにやれない痛みを背負っているなら私たちがその助けになります。

治療の特徴(川村ひかるとの雑誌対談より)
川村ひかる:先生のゆがみ治療は、ほかの整体とどう違うのですか?
私:今までの整体は、首が痛いとき首に触りますよね。肩痛は肩と背中腰を揉んだりしますね。当院では、揉まずに全体のバランスを整えます。 
川村:全体のバランスですか?  
私:そうです。痛みは全体のバランスが悪いことによって起きる事がほとんどです。 ですから、痛い部分にだけ原因があるのではなく、必ずしも痛いところを治療する必要がないのです。 
川村:痛いところを触らないんですか?
私:そういう場合もあります。ほかの部分を調整し痛みが改善するケースが多いのです。川村さんの手首が痛いとしますね。
川村:ええ。 
私:その場合、一番最初に私が触るのはどこだと思いますか?
川村:手首と腕でしょうか? 
私:腕はまず検査をするだけです。
川村:えっ?
私:最初は年齢、姿勢、体の硬さからKさんの体の状態を把握します。 全身の骨格バランスを診ていきます。患者様にもしっかり確認していただきながら進めます。まず、ここで大切な事を言いますね。 
・腕は→枝
・背骨→木
・骨盤→土台 
という事です。 
 
そのために、まず土

院長プロフィール

石山裕記
福島県会津若松市出身 

5歳のころ父親に会津の湖に
連れて行かれ
「人は泳げるものだ!」
水中に散々投げられて以来、足の
つかない所では恐怖感をもつが、

プールは足がつくため水泳を始め小学校ではバタフライの選手となる。

中学も水泳をやるが夏しか活動せず冬は家でふらふらしていたため父に腰抜けと叱られ、極真空手に入門し武道について手ほどきを受ける。  

そこの極真会は、子供はほとんどおらず
大人と組み手をやらされぼこぼこにされ
世の中の理不尽さを知る。

 
しかし、大人と練習していたため
審査では飛び級し、中学1年生のとき中学生の部、福島県大会4位となる。

だが、殴り合いは嫌いだったため、中学卒業と同時にやめる事になる。
 
高校では一転変わって音楽部に入りバンドで、ギターやトランペットなどを演奏する。部長となったためオーバーヒート気味の部員の責任をとり職員室に何度も呼び出される。
 
大学合格後進学には全く興味がなかったため、親の反対を振り切り友人が拾ってきた求人広告紙に載っていた東京のゴルフ練習場に入り練習していく中で
プロゴルファーを目指したいと思うようになり、埼玉の某ゴルフ場を紹介してもらう。
練習生として入り、
月給9万円の極貧生活をおくる。

 
毎日5時起きで、
6時から午前中キャディーやコース管理をし午後1時から夜11時まで練習するが

独自の間違った練習法から肩を壊し断念せざるを得なくなる。
一度田舎に帰り、3ヵ月後・・・

21歳・・住むところも決めず6万円を手に再度上京するが、何をしていいかわからず友人の家を転々とし、さまざまな日雇いアルバイトを行う中で何かが違うのではと思い悩む。

肩を怪我して悩んだことからそんな人々に自分が何かできることはないかと当時流行りだした整体の道に進む。

整体の学校に通いながら現場で働きマッサージにのめりこむ。
 
有名な整体の先生の所で給料なしで働くが、指名客がついてきた半年後に蓄えが底をつく。先生にその事を話したところ クビ となる。
 
だが、覚えたことは多く整体学校で応用実技のインストラクターに抜擢される。
さらに専門家への道に進みたく、柔道整復師の専門学校に入学。

先生しながら学生として・・・

夕方から学校に行き、夜は整体院で一晩中働き昼過ぎに整体学校に教えに行くという平均睡眠時間4時間で何とか3年間を乗りきる。
  
国家資格取得後、整形外科や整骨院などさまざまな医療機関で経験を深めるなかで治療に対してだんだん疑問を抱くようになり
 
雇われていては自分の思った事はできないと思い開業を決意する。
 
2008年 10月
リーマンショックの真っ只中 

久が原整骨院を開院する。