東京大田区久が原整体
院長の石山です。
 
 
今日は
【約半年に一度の頭痛】
 
 
この半年に一度くらい頭痛がする
という患者さん。 
 
大田区久が原整体で
骨盤のバランス治療で
手の腱鞘炎が良くなり
 
  

月に一度のメンテナンスに通われている
美容師の患者さん。 
 
 
 
彼は毎日かなりクライアントが多く
手の腱鞘炎のほかに
テニス肘などになっていた方です。 
(私も彼のクライアントの一人です)  
 
  
 
前回の治療時に、
患者「先生半年に一度くらい頭痛が起きるんですが・・・」
  
 
 
おかしいな。。彼の骨格は
特に首や肩骨盤の位置関係は
正常のはずなんだが・・・ 
 
 

わたし「いくつか日常生活に関して質問しても良いですか?」
 
 
 
美容師の患者の半年に一度の頭痛に関して
いくつか質問させていただきましたが
  
 
ああなるほど・・・・そういう事か 
 
 
時々おこる頭痛は様々な原因があり
対処法もいろいろあるんですが 

今回は・・・・ 
結果から言うと・・・ 
  

・寝る時間が遅すぎる
 
 
午前1~2時くらいに就寝
 
 
実は、脳の下垂体と呼ばれる場所から
【成長ホルモン】
というのが出るんですが
これが疲れを癒すホルモンとされています。
 
 
 
よく・・・・
寝る時間のゴールデンタイムと呼ばれる
【成長ホルモンが多く出る】
時間があるのですが
これが、【夜10時~2時まで】
と言われます。 

 
 
 
 
 
ここが美容師の患者さんが
仕事で疲れて、その疲れが少しづつ貯まって
6ヶ月に1回くらいの頭痛に悩まされている
原因の1つ 

 
 
 
 
最近は【このゴールデンタイム】は実は嘘だったとか
様々な記事が出ていますが
 
 
 
 
ここで大切なのが
【自分で経験してみる事・・・】
 
 
 
 
巷で言われるゴールデンタイムが
ホントなのかウソなのか? 

 
 
 
 
わたしは自分で経験してみました。
 
 
 

夜10時~朝4時までの6時間
深夜1時~朝7時までの6時間

 
 
 
寝る事をやってみるわけです。
ともに時間の長さは一緒。
 
 
 
で・・・・ 
 

何回やっても
前者のほうが、疲れとれてる感が強く
次の日の仕事の能率の違いは明らか・・・
 
 
 
 
今回の
【半年に1度くらいの頭痛】の
患者さんにもそういいました。 
 
 
 

そして朝起きて時間を有意義に使う。
 
 
 
夜の3時間は、朝の1時間だと言われます。
これにも理由があるのですが、長くなるので別記事で
 
 
 
 
そして、この
【半年に一度くらいの毎日の疲れが抜けないために起こった頭痛】
の記事を通して言いたいこと
 
 
 
人から聞いた話や
偉い人が言ったから正しい 

 
 
ではなく、
自身で体験してみることで
結果を確認し 
 
堂々と話すことができるわけです。 

 
 

私は
自分でやってもいないことを
患者に押し付けたことはありません。 

 

 
そして、3ヶ月ほどやってみて
あまり結果が伴っていないなら
(これは治療のみならずどの分野も一緒だと思います。) 
 
  

方向性を変える
 
もし大田区久が原整体の私たちの治療を
1ヵ月受けてもあまり改善しないなら
当院に通ってはいけません。
 
 
 
 
 
医療というのは
自分の命との向き合いですから
他者の意見をそのまま
うのみにしてないけないと思っています。 

 
 
あなたも、何か不調があれば
ゴールデンタイム実験してみてください。 
 

大田区久が原整体の美容師患者さんの
【半年に1度くらいの頭痛】から
ゴールデンタイム、、実践・・・ 
 

いろいろ書いてみましたが
偉い人から聞く話より
自分で実践してみることが
大切なことだと思います。 
 
 

 
 
東京大田区久が原整体
院長の石山でした。 
  
クリック➞大田区久が原整体【頭痛改善例】

 

半年に一度の頭痛~まとめ

 
手の腱鞘炎で過去に
大田区久が原整体に来院した
指名客の多い美容師患者さん
 
  

【半年に一度くらいの頭痛】の
相談を受け、話を聞いてみると
 
 
・寝る時間帯が遅すぎる
 
 
体を癒すホルモンが出るといわれるのが
夜10時~深夜2時
 
 
 
寝る時間のゴールデンタイムは
いまさら的な話かもしれませんが
 
 
自分の体で実験というか実践してみることが
一番重要で、、しばらくやってみて
上手くいかないなら方向性を変えてみる
必要があると思います。