東京大田区久が原整体

石山です。

日本て農薬使用量世界でも
トップクラスの使用国なのですが

特に注意しなければならない
農薬があります。

これが【ネオニコチノイド系】
の農薬・・・ 

世界では、軒並み規制をしているにもかかわらず
日本だけは、ゆるゆるで、普通に入れてます。

ネオニコチノイド系の
農薬って、
2013.5.25日
EUは禁止を決定
(ミツバチ死ぬから、森の生態系が崩され、作物が取れなくなり、私たちも困る恐れがあるんです。しかも、子供が食べるんですよ。) 

フランスは、すでに2006年、最高裁が
使用禁止を決定
(さすが農業大国です)

オランダも2000年に開放系の使用を禁止

デンマーク・・販売禁止

他のヨーロッパ諸国も、軒並み禁止だそうで

日本はバリバリ使っているわけです
前参議院議員の【山太郎】先生が
質問しておられました。
(山本太郎さんじゃないですよ)

動画➞山田太郎参議院議員質疑

が、農水大臣・・ちょっと頼りないですね 
(毒性が弱い!とかよく言ってくれますねwwww)


出典➞前参議院議員 山田太郎先生のHP
(日本の食品外国に無理やり入れたら、逮捕ですねwww)

ネオニコチノイド系農薬って
【ミツバチをおかしくしてしまい】

受粉がうまくいかない・・・
はぁ・・

日本の対応の遅れというか
そもそも対応する気が無いのは
わかってますが

  
何とか、したいんですけどね・・・

で、話はここで終わりません。 

実は、日本の農薬使用基準
特に、お茶に関しては
EUの500倍もの基準量だそうで・・・ 

PPMという値で表すんですが

お茶に関しては
EU➞0.1PPM
日本➞50PPM

なんと500倍
実際にここまでは使っていないでしょうが
日本の食べ物は
一見きれいに見えて
汚染度世界一と言っても過言でありません。

 

お茶は特に注意したほうがよさそうです。

厚生労働省の発表しているデータです
少し細かくて見ずらいですが
PCの場合は
(controlキー+マウススクロールで大きくしてみるとわかり易いです)

一応、EU基準と日本を含め諸外国の【差】を
書いているんですが
ひどい・・・・

農水省、お茶の農薬基準値 国別

日本もひどいが、気になったのは
・中国
・インドネシア
・ロシア

農薬の基準値が・・・・ない(笑)
安全かどうかすらわからない

 
わたしは、一応
無農薬無添加お茶をネットで買うようにしています。
これが本当に良いかなどはっきり言えませんが・・・

他にも
ブドウ、モモ
この2つも基準値がひどいんで
あまり多く食べないほうが良いかと思います。

こちらに果物などの
国別農薬使用量基準値
が書かれていますので
ご参考にしていただけるとよいかと思います。

クリック➞農水省 国別農薬使用量基準値

 
 

2言で、まとめると

【日本食品の 果物、お茶は 注意が必要です】
【中国、インドネシア、ロシア、は、よくわからない】

よく飲むならせめて日本では無農薬無添加お茶にしていただけるとよいかと思います。

参考文献

船瀬俊介、買うな使うな
農水省HP

 
PS

本当に、日本て病気が多い
わたし、年に2度ほど海外に行くのですが
タイが多いですね。(プーケット)

・タイ
・プーケット
・ベトナム(ちょっと危険かもですが)
・北朝鮮
・台湾

どこの国に行っても
スーパーの商品の
後ろの【成分表示】
見てみると

日本と比べ物にならないくらいの
【添加物の少なさ・・】

 
骨格系の疾患も
内科系との関わりは十分にありますので
【腰痛肩こりの人もご注意いただきたいと思いました。】

 
いつもありがとうございます

東京大田区久が原整体
石山でした