東京都大田区久が原整体院
院長 石山です。  
 
ひざの痛みに関して 
・ひざの軟骨がすり減るから
・ひざに体重がかかるから

ひざの痛みの原因に関してすごいウソがまかり通っていますが(笑)  
 
ひざの軟骨がすり減ってしまって痛みが出ると言われた人が手術をせず、ひざが改善する例があるのは、なぜでしょうか?  
 
体重の重い高齢者の方でひざが痛くない人がいるのはなぜでしょうか? 
 
ひざの痛みや股関節の痛みって
確かに、【地獄の苦しみ】 
なぜか???  
ひざの関節と股関節などは【荷重関節】(歩くたびに体重がかかる関節) 
だから、痛みを意識することが多いわけです。  
 
「だから荷重するから痛いんだろ!!!」
 
という声が聞こえてきそうですが、まあそれはさておき 

【肩こり】等は荷重されていないのでさほど普段からいつもいつも痛みを感じることは、さほどなく 
だから、肩こりって放置されることが多いわけです。
 
ひざの痛みに関しては当院治療でも時間がかかる傾向・・特に50歳以上ですが 
最近は、【和室や和式トイレ】がなくなってきて 
【正座、しゃがむ】という行為自体少なくなってきたのもひざの痛みの原因とみています。
 
正座がしずらくなってきた場合は、ひざの疾患の重症化が進んできた証拠なので 
その膝の痛み早めの対応がよろしいかと思います。 
 
本当に最近、紹介で来る高齢者や50代でひざにトラブルを持っている人多いです。 
温め+マッサージ+ストレッチ 
で、ひざの痛みが改善してるなら良いのですがそうでない場合は
 
当院の治療である 
ひざ+股関節+骨盤+その他  
これらの関節の連動バランスを
調整してみるのも
よろしいかと思います。 
 
そんな感じでひざの痛みに、もっと違う視点からの治療を考えてみるとよいかと思います。 

ひざの痛みを治すには・・まとめ

ひざの痛み原因に関しては過去記事でいくつか書かせてもらっていますが  
最近の生活様式として
・正座をしなくなった
・洋式トイレを使うようになった
など、
【ひざを最大に曲げることがなくなった】
 
ことも、ひざの痛みで悩んでいる人が増えているかなり大きな原因と考えています。
通常のひざの治療で思わしくない場合は
 
当院の他の関節とひざの連動バランスを整えるのも良いかと思います。 
繰り返しになりますが重症化してしまったひざの疾患 
・正座ができない
・しゃがめない
等の場合は、ひざの治療に少し回数とお時間はかかります。
ひざの痛みでお困りでしたらご相談ください  
~ひざの痛みを治すには~
最後までお読みいただき
ありがとうございました。 
 
東京大田区久が原整体の
石山でした。