ひざの痛み

✔歩いているとひざが痛くなる
✔ひざの内側や前が
 ひどく痛む事がある
✔正座をするとひざが痛い
✔夕方以降、ひざだけでなく
 腰も痛くなる
✔運動中、運動後にひざや腰が
痛くなることがある

もしあなたがこのような症状で
お悩みであればその
ひざの痛みの原因はひざだけでは
ないかもしれません。

 
ひざというものは
股関節や腰との連携が非常に強い
関節で原因はこの3つが
大きく関係します。

①腰と股関節、
 ひざの動きのバランス
②背骨がゆがむことにより
 体重バランス
③上の二つを呼び起こす
 良くない生活習慣

 

どうして
長年ひざの治療しているのに
最後は手術に
追い込まれるのか?

元気で毎日歩いている
高齢者のひざが痛くなく毎日温め、
全く運動しない腰痛の患者様が
ひざを痛めるケースも多い。

ひざが消耗性の関節であれば、
老人はみんな痛くなって
しまうのでは?

 

ひざの痛みには私も苦労
させられました。
とある病院に勤めていたときの
事です。。。

 
「先生ひざが痛くて
治療しているけど
いつになったら治療が終わるの?」

と問いかけられ悩みました。

 
そのうちにその患者様は、
ひざの手術をする事になりました。
手術後ひざの痛みはとれた・・
 
 
というか 
 
鉄の塊が、ひざに入っているため
神経がないので
痛みは感じません。
 
 

しかし90度以上
ひざが曲がりません。
もちろん正座は持ってのほか
という状態でした。
 

何かが、おかしい・・・
あれだけひざを治療したのに
 
 

そして僕は
じっくりひざの痛い患者様を
一人ひとり観察し始めました。
 

何かひざの痛みに関する
共通項や特徴はないのか?
何でもいい!

ひざ治療、
悪戦苦闘の毎日でした。
  
 
 
温熱療法を止めてみたり股関節や
腰の動きには特徴はないのか
背骨のバランスは??
歩行の仕方は??

 
それで、ひざがよくなる方も
確かにいましたが
全く変化のない方も
いらっしゃいました。

しかしどうして改善したかも
わからず、毎日毎日試行錯誤。 

セミナーに参加して、
たくさんの先生に聞いても
はっきりした答えは
返ってきません。

 

 
わからない!!やはり無理なのか。
 

・・・そんな時

今まで痛かった患者様が
こんな事を言ったのです。 
 

「このまえ転んだ後、
1週間位してから、ひざが
ぜんぜん痛くなくなったのよ
歩幅も急に広くなった気が
してね~」
  
なに?
転んで治っただと??
そんな事があるはずない
じゃないか!

しかし、
なにかヒントがあるかも
しれないと考え、
私は、その患者様に
 
 
どこで転んだか?
どういう状況で転んだか?
どんなふうに転んだか?
転んでぶつけた場所は?
怪我の状態は?
 
 
 
そして、いつも独自でつけていた
私専用のカルテを元に
その患者様の体をいつもどおり
検査してみました。

その結果!

なんと骨盤の位置関係や動き、
股関節位置関係や動き
ひざの動きが
しっかり連動しているのだ

 
さらに

いままでゆがんでいた
背骨のゆがみも
少なくなっている。

転んだ際の衝撃が
不幸中の幸いを
呼んだのか・・・?

そういうことか!

私は個々の関節の動きや、
ゆがみしか見てこなかったのだ。

すべてが
どのように連動するかが
大きなポイントだったのだ。

絶妙な関節の動きの連動バランス・・・・
 
 
本なんかには書いていないのは
そのためか。

正常な人の動きの連動性を観察して
それと比べていれば見抜けていた
のではないか。

しかし私の中の
すべての疑問が解決されたと
同時に本当にうれしかった
瞬間でした。

 
ひざに痛みがなくなった
あなたは・・・
 
散歩も旅行も
さらに楽しめるでしょう。

当院の特徴  
 

ご予約は今すぐ↓
03-6410-6435

大田区 久が原整体院(整骨)
久が原駅徒歩 1分
営業: 9~13時 15~21時
(受付17時まで)
定休日:木曜午前・日曜日
(不定休あり)