東急池上線久が原駅 徒歩1分

久が原整体院(整骨)

院長の石山です。

「腕が・・ちょっと痛くて・・・上がらないんですが・・」

(ちょっとじゃないだろw)

時々、五十肩で来院される方

おられるんですが、

五十肩の治療って

【最初に肩を治療するのは、本当はNG】

なんです。

なぜかって・・・

肩+反対側股関節+骨盤

これらは歩くとき連動するわけです。

歩くと自動的に腕を振るわけです。(反対側の)

つまり、肩から出ている筋肉や皮膚たちが

胸筋➞腹筋を介して

反対側の股関節に結びついている

股関節と肩の連動

だから、五十肩の場合、最初に治療するのは

【骨盤と反対側の股関節】

このロックを解除(ゆがみを調整)してあげなければなりません。

股関節と骨盤のロック(ゆがみ)を解除せずに

肩を必死に痛いのがまんさせて

「うりゃー」って

引っ張り上げている先生多いから

歯痒くなっっちゃうんです。

(壊すよ~~(´;ω;`))

個人でできる対応としては

初期であれば

急性腰痛同様

【四つん這い歩行】

なんですが

知っている人ほとんどいないので

お知らせしますw

結局、何を話しても

骨盤ゆがみを改善させることが

第一の手段となります。

(内科も一緒です)

ものによっては

これだけで五十肩の

痛みが取れたりすることもあります。

ただ、この骨盤矯正というのは

整体学校に行けば診断治療方法を

教えてくれるわけもなく

(教官も医師も知らない)

診断が間違っていたら

やばいです。

特に宣伝しているわけではないんですが(笑)

こんなことを

頭の片隅にでも置いといていただけると

将来困らなくて済むのではないかと思います。

五十肩の治療

①骨盤+反対側の股関節のゆがみをとり

②肩の治療

この順番です。

個人でできる対応は

急性腰痛と同様

【四つ這い歩行で歩きまくる】

動画➞四つ這い歩行の正しいやり方

pass➞5678

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
大田区久が原整体(整骨)
院長の石山でした