東京都大田区久が原整体(整骨)の
院長 石山です。
 
 
膝の痛みに関しては
他の記事で書かせてもらっていますが
 
 
膝の痛みで来院された患者さんに
「膝の軟骨がすり減ってるのが
原因らしいのよ」
 
 
と言われて、悩んでいる
高齢患者さんがいました。 

  
膝の関節軟骨が原因でも
痛みが取れることがあるので
 
 
「軟骨がすり減るだけが
膝の原因じゃないですよ」
 
 
とお伝えすると、
びっくりしていましたが、
 
 
確かに軟骨がすり減って骨と骨が
ぶつかり痛みが出る・・という事は
あるとは思いますが
 
 
膝の骨自体にも
関節軟骨が存在するので
膝の関節軟骨がすり減る事だけが
膝の痛みの原因では無いこともあります。
 
 
ここで一つ・・
 
・膝の関節軟骨
・膝の骨の軟骨
 
 
この二つは、別物です。
 
 
そして、膝の関節軟骨の
すり減り具合で膝に痛みが出るなら
 
 
高齢者、みんな、一人残らず
関節軟骨は若いころより
薄くなっているので
 
高齢者のほとんどが
膝の痛みで歩けなくなって
いなければなりません。
 
 

 
しかし、高齢者
しっかり歩かれている方も多いです。 
 
そういう方に
膝のレントゲンを撮ってみると
膝の関節軟骨がすり減っていて
あまり関節軟骨が存在しないことも
あります。
 
 
という事は、
膝の関節軟骨がすり減る事だけ、、が
膝の痛みの原因ではない可能性が
あります。

 
 
その場合、大田区久が原整体では
どんな治療をするのか??
 
他の膝が痛い記事でも書いておりますが

 
やはり、、骨盤。。。
 
  
どうしてかというと・・・ 
 
 
膝と股関節と腰の関節は
連動して動いております。

 
 
そのどれかに問題があっても
膝が痛くなることも
股関節が痛くなることも
腰が痛くなることも
あります。
 
 
ぜひ、膝の関節の軟骨が
すり減っているからと言われても
 

最初から、手術を考えなくても
良いかと思います。
 
 
 
もし、膝の痛みでお困りでしたら
大田区久が原整体(整骨)に
ご相談ください。
(毎回、最後宣伝ですいません(;´・ω・)) 
 
 
大田区で四十肩、五十肩なら!久が原整体

 

膝の軟骨がすり減って痛くなる?本当?まとめ

 
膝の痛みで来院される患者さん
特に50歳代から上。
 
70代の高齢患者さんも・・
 
 
膝の軟骨がすり減っている・・・
ことが原因で膝の痛みが出る
 
 
と言われて半分膝の痛みをあきらめ
手術を考えているかたも
多いと思います。
 
 
しかし、膝の関節軟骨は
年を取ればだれでもすり減ってくるもので
 
膝の関節のすり減りだけが痛みの原因
とは言えないと経験上判断します。
 
 
その場合、膝の痛みは一体どこから?
 
 
当院では、膝のみで膝を診ることは
していません。
 
 
膝は、股関節や腰の関節など
骨盤や背骨とも連動して
動いているからです。
 
 
膝の痛みでも骨盤のゆがみを
調整して痛みがかんわすることも
ありますので 
 
 
あきらめひざの手術を
考えることも最終手段として
考えることは 
 
 
ある意味仕方のないことかも
しれませんが
 
 
その前に、骨格の調整をして
膝の痛みに対応してみては
いかがでしょうか?
  
背骨(背中)のゆがみと痛み 
右手の握力が急に落ちる?

膝の軟骨がすり減って痛くなる?本当? 
最後までお読みくださり
ありがとうございました。
  
東京大田区久が原整体院(整骨)の
院長 石山でした。