大田区久が原整体(整骨)の
石山です。
 
足首の痛み・・・ 
 
 
足首の捻挫の後に
治療を行い
治ったかに見えたその足首・・ 
 
 
しかし、いつまでたっても治らない
 
・なんかぎこちない
・歩く際に違和感などが出る
・寒いと痛くなる 
・ひざや腰まで違和感が出てきた

 
こういった足首捻挫後の
慢性の足首の痛み
 
 
何がいけないかと言うと
体重がしっかりかけられなく
なってしまいます。 
  
足首の慢性的な痛みは
もちろん痛い側のひざにも腰にも
 

 
必然的に体重がかけられなくなり
【骨盤が、ゆがんでいきます】
 
  
膝の軟骨がすり減って痛くなる?本当? 

そうすると、 
 

 
朝の足腰の痛みなどを
発症したりする事もあります。 
 
 
他にも坐骨神経痛など
 
 
どうして?
 

それは、緩んでしまった
・足首
・ひざ
・骨盤
 
 
が、寝ることにより体重が
かからない状態が続き
緩み腰系の痛みを発生させる
からです。 
 
 

さらに坐骨神経痛などは
 
 
各関節が緩むことにより
足全体が伸びてしまい
 
 
神経が引っ張られることにより
起こります。 
 

 
では、その慢性的に
痛い足首をどうするのか?

 
 
それには、足の関節をしっかり
治さないといけません。
 
足首の捻挫の治療が 
・シップ
・テーピングでは
 
根本的には治らないことが
経験上多いです。 
  
 
整体治療だけでなく
人生すべて
 
3ヵ月~6カ月
ある程度しっかりやってみても
効果の感じられない場合
 
 
何かが間違っています。
(いや、ほぼ全部?)
 
 
当院では、
足首の整体治療に限らず
体全体のバランスを見ながら
治療していきます。
 
足首の骨のゆがみが、もとで
時間とともに全身が
ゆがんできます。 
 
足首⇒ひざ⇒腰⇒背骨⇒首 
 
 
ですから、【足首の痛み】も
軽く見ず治療していく必要が
あります。
 

【難病は小さな疾患の見落とし】
 

是非そんな感じで
大切なあなたの体を
労わってあげてください。  

 
つまづき、転んでしまいそうに 
なる方は読んでください。

転ばぬ先の大田区久が原整体(整骨)
 
 

慢性的な足首の痛み~まとめ

 
足首を捻挫した後
・冷却
・シップ
・テーピング 

をするのが一般的な整体などの
治療となります。 

 
しかし、 
 
ある程度の治療期間が過ぎたのに
まだ、足首に
・違和感
・うまく体重がかけられない
・痛みが出ることがある
 
そんな場合には
正しく足首に体重がかけられない
ことにより、 
 
体重が欠けられない側の
・ひざ
・腰
 
など、さらには全身がゆがんでいく
こともあります。 
 
 
3ヵ月~6カ月治療しても
改善してこない場合は
一度
【あなたが受けている治療が
あっていない可能性】
 
も考えてみるべきです。  
 
すべり症で腰痛?治らないの? 

 
当院では、しっかり根拠をもって
お話しし、そして
全体のゆがみも考えながら
【あなたの慢性的な足首の疾患】
を診ていきます。
 
 
大田区久が原整体(整骨)の
石山でした。