東京大田区
久が原整体院(整骨)
院長  石山です。 
 
  
今回は、近くの飲み屋を経営している
方が紹介で来院されました。 
 
  
 

朝起きると
手が痛く(リウマチか??)
そして、よくつまずく・・・ 
(足の親指が上がらないから)
 
 
 
 
 
 
さらに、腰が重い感じで
肩こりがある

 
 
 
 
 
【ゆがみ】の総合商社のようです(笑)
 
  
 

 
・朝起きると手の指が痛い
・足の親指がうまく上がらない
・腰が重い
・肩こりがある

  

 
 
これらを、一つ一つの関節で
何とかしようと思っても難しい。 
 

 
 
それは、神経というものは
脳から出ていて

各関節が正常に機能しない場合には 
 
 
 
 
 
 
神経の動きを制限し・・・・ 
 
 
 
 
 
簡単に言うと、関節がスムーズに動かない分
神経もスムーズに動かない 

 
  
 

だから、脳から一番遠い足の親指が上がらなくなるわけです。 
 

  
 
 
 
さらに関節が【緩んでいる】状態であれば
神経はさらに引っ張られ緊張してしまうわけです。 

 

 
 
神経は、引っ張られると
さまざまな痛みを生みます。 

 
  
 
 
この緊張状態が
どこに出るかは、その人それぞれ
 
 
 
 
そういった場合、
特に問題のある関節を探し
 
 
 
 
 
 
治療し
 
 
 
さらに、全身弛緩性(全身の関節が緩む)
があれば
それをしっかり締めていくことで
改善に向かう可能性は
高いわけです。 
 
 
 
 
 
そんな感じで、
今回の症状
 
 
・朝起きると手の指が痛い
・足の親指がうまく上がらない
・腰が重い
・肩こりがある 

 
 
 
今回の患者さんの場合は、骨盤にやはり
問題がありそれを
わからないから放置してしまうことにより
数珠つなぎで他の症状が出てしまったわけです。
 
  
 
 
今回も当院の全身のゆがみ治療と
日常生活のアドバイスで
対応させていただきました。 

 
  

~~~~~~~~~~~~~~ 
 
 
 
 
 
 
【骨盤のゆがみが初期】の場合
違和感すら出ないことが
ほとんどです。
  
 
 

 
 
痛くなってから来院されるのは
仕方ないのですが
 
 
 
 
 
そうなる前に、骨格や骨盤の
ゆがみを調整してちょっとした
当院のアドバイスを実践していただけると
上記のような
症状に悩まされずに済むかと思います。
 
 
 
 
 
 
 
以下、超重要!!! 

特に、
【足の親指が上がらない】のは
2次的に、【転倒】し骨折する可能性が
非常に高くなります。 

 
 
 
 
 
人間が、歩いているときに
【後ろ足が前に出る際に】 
 
 
 
 
 

後ろ足が・・前に出る際
足の親指が【無意識】に上がれば
つまずきずらいわけです。 
 
 
 
 
つまり、しっかり関節を
正しい位置に調整しておけば
 
 
 
 
 
つまずかなくなり
スムーズに歩けるようになるわけです。
 
  
 

  

足の親指が上がらない・・・つまずく まとめ

 
 
 
 
近所の方が
 
 
 
・朝起きると手の指が痛い
・足の親指がうまく上がらない
・腰が重い
・肩こりがある 
 

 
 
 
 
で来院されました。
 
 
 
 
 
 
 
この中で特に危険なのが
 
 
 
 
【足の親指が上がらない】
 
 
 
 
これは、歩行時に
転倒しやすくなります。
 
(特に年配の方は、転倒➡骨折➡入院➡死  よくある話です)
 
 

 
 
足の親指が上がらなくつまずく原因は、
関節が緩み
神経が緊張し
 
 
 
 
神経本来の反応が減弱するからです。 
 
 
 
 

  
当院では
昔より【つまずくようになった・・】 
 
 
 
  

 
こういった原因がよくわからない疾患に
骨格を調整し
 
 
 
 
 
上がらない足の親指を
【無意識に上がるように】
調整していきます。
 
 
 
  
そうすることで
あなたは転倒し
ケガしにくくなるはずです。 

 
 
 
 
【何もないところで、つまずくようになった】
 
 
 
 
などは、骨格がゆがんできている証拠だと
考えてみてください。 
 

 
 
~足の親指が上がらない・・・つまずく原因~ 
最後までお読みいただきありがとうございました。 
 
 
 
 
 
東京大田区
久が原整体院(整骨)
院長  石山でした。