大田区久が原整体院(整骨)
院長の石山です。
  
 
 
電話が来ました。
 
「うちの子、踵が痛いっていうんですが・・」 
 
 
 
 
 
 

 
今回は、
【シーバー病】
 

???
 
 
シーバー病って・・・何すかそれ?
 
 

 
 
 
 

踵骨骨端症(踵の端っこの病気)
シーバー病(セーバー病)とも言います。

 
 
などどいわれるのですが
よく、成長痛と言われて
放置されるのですが
 
  
 

 
シーバー病、症状としては、
 
・10歳前後の踵の痛み
・踵の腫れ
・運動時痛 
  
 
 

などです。
 
  
 
 

 
基本的に、シーバー病の場合は 
一般的な病院での治療が
上手くいかない場合
 

 
 
 
 
やはり、他の関節との
連動バランスを考えた
シーバー病治療をしたほうが
良いかと思います。
 
 
 
 
 
特に、何か月たっても痛いとか・・・
将来的に踵の変形を生んでしまう可能性があるため

 
 
 
 

  
 
当院の場合は、
全体の骨格バランスを考え
シーバー病に対し治療をします。 
 
  
 
 

どこか一つの関節の動きが悪ければ
踵に、緊張が集約してしまう事も
あるからです。

 
 
 
その場合、
 
 
そのシーバー病の痛みの原因が
 
・骨盤
・背骨
・膝
・股関節 
 
などにあるかもしれませんし
それらすべてにあるかもしれません。
 
 
  
今回の電話のケースは
股関節と骨盤にあったので
整復しました。
 

 
 
そのあとは、
やはり、2度とシーバー病に
ならないように、日常生活での
体操や気をつけることを
伝えて、シーバー病治療終了となります。 

 
 
 
結構、シーバー病で
何か月も悩んでいる子供たち多いですね。
 
 
 
そんな感じで、
シーバー病がなかなか治らないなら
踵だけで診ないで
骨格全体の連動バランスを
考えた当院整体治療を
考えてみてください^^ 
 
 
 

子供の成長痛、踵の痛み(シーバー病)まとめ

 
 
 
10歳前後に見られる成長痛・・・
踵の痛みに関しては
一般的なシーバー病の治療で
思わしくない場合は
 
 
 
 
骨格全体の連動バランスを
考えて、踵に痛みが集約しないように
整体治療を考えてみるとよいと思います。
  
 

 

長期的に痛みが続けば
将来的に若干の踵の変形を
産む可能性もあるため

シーバー病は早期に対応することを
考えてください。
 
 
 
子供の成長痛、踵の痛み(シーバー病) 
最後までお読みいただき
ありがとうございました。 
 

 
東京大田区の
【久が原整体(整骨)】
の院長 石山でした。